口コミ@横浜アラフォー主婦

神奈川県在住の主婦むつきの口コミサイトです。スキンケア、コスメ、飲食品、ファッション、雑貨などの感想を綴ります。

希少、ジャコウネココーヒーを初めて知った日

      2016/02/08

世界でも希少価値の高い、ジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)を某イベントで初めて目にしました。

ジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)

ジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)は世界でも「幻のコーヒー」と呼ばれているほど珍しいコーヒーなんだとか。

もちろん、試飲会も開催されました。

ジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)→コピ・ルアック/ジャコウネココーヒー

ジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)とは?

ジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)はインドネシアやフィリピンなどで生産されているコーヒー豆です。

フィリピン産のジャコウネココーヒーは、アラミドコーヒーと言われることもあります。

コピはインドネシア語で「コーヒー」、ルアクは「マレージャコウネコ」の意味。

ジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)の生産量が少ないのには理由があります。

野生のジャコウネコが食べたコーヒーの実のうち、消化できずに排泄された豆をきれいに洗浄し、高温で焙煎したコーヒー豆なんです。

ジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)
マレージャコウネコがいなければ、ジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)はできない・・・というわけで、「幻のコーヒー」なんです。

・・・ジャコウネコのフンがなければ生まれなかったコーヒーって、最初に考えた人はすごいですよね。

 

ジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)の味は?

試飲会で出たジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)は紙コップに1/3ぐらい。

ジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)

イメージと違って、香りはレギュラーコーヒーを強くしたような気がしました。

と、書いていますが、わたし、実はコーヒーが苦手。

ミルクコーヒーぐらいに薄めないと飲めないんです。

が、家族はコーヒーを飲むので、香りの違いはわかりました。

ジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)に口をつけてみると、

ちょっと薄いような・・・。

一緒にいた友人曰く、

「今日のはちょっと薄いわねぇ。分量どおりに淹れないと」

なんだとか。

味のクセはあまり感じませんでした。(って普段飲まないからよくわかりませんが・・・)

 

ジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)の価格

「幻のコーヒー」と言われるほど希少性が高いだけあって、お値段もちょっと贅沢な価格設定です。

今回試飲させていただいた、

ジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)
エクーアシベットコーヒー。

この1袋で50gなんですが、価格は2,300円(税別)。

50gでジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)を5~6杯分だそうなので、1杯あたり、約380円ぐらい。

自宅で気軽に飲むにはちょっと贅沢かも。

産地はフィリピンでした。

ジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)

原材料名:シベットコーヒー100%が潔いです。

 

ジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)はラッピングもできます

今回試飲させていただいた、エクーアシベットコーヒーには有料でラッピングサービスもあります。

コーヒーにこだわりのある方へのお中元やお歳暮はもちろん、手土産にするのも話題性があっていいかも。

アメリカの俳優ジャック・ニコルソン氏が億万長者を演じた映画「最高の人生の作り方」で、同氏がジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)を飲んでいるシーンがあったことでも有名だそうです。

ジャコウネココーヒー(コピ・ルアク)の詳しい淹れ方やラッピングについては→コピ・ルアック/ジャコウネココーヒー

 - グルメ・スイーツ