口コミ@横浜アラフォー主婦

神奈川県在住の主婦むつきの口コミサイトです。スキンケア、コスメ、飲食品、ファッション、雑貨などの感想を綴ります。

「似合うの法則」(著:政近準子)

      2015/08/15

「実践する色彩学」を読んでから、自分が着る服の色が気になるようになりました。

(「実践する色彩学」の感想はこちら)

好きな色と似合う色が違うことがあるのだから、洋服にもそれがあてはまるかも・・・と思っていたときに目が留まったのが「似合うの法則」(著:政近準子)です。

niaunohousoku01.jpg

年齢不詳な女性のイラストが印象的な表紙です。

 

 

◆著者は1万人の顧客をもつスタイリスト

著者の政近準子さんの肩書きの一番目はパーソナルスタイリスト。

依頼主の仕事や生活、希望などなど詳細に聞き取って、ショッピングにも付き合ってくれるのがパーソナルスタイリストの仕事の一つだそうです。

政近準子さんの顧客は1万人以上なんだとか!

もともとファッションデザイナーの仕事をしていて、あるときイタリアへ。

パーソナルスタイリストの仕事を知り、現在日本で活躍中の女性です。

 

◆「似合う」の法則、とは

「似合うの法則」の正式タイトルは『「似合う」の法則』です。

読みにくいので、「似合うの法則」で書いていきます、

niaunohousoku02.jpg

背表紙は、白地にピンクの太い帯。

「の」の字だけが白抜きになっています。

ページ数は222ページ。

全部で8章からなっていて、順番に読んでいくと、自分のクローゼットに足りない洋服や逆に「ミスった・・・」と思う洋服が浮かんできます。

 

政近準子さんが提案するのは、「新定番12アイテム」。

定番アイテムはしっかりと押さえて、シーズンごとに流行りのアイテムをちょこっと取り入れては?と書かれています。

そうすれば洋服が部屋にあふれることもなく、洋服代も必要以上にかかりません。

なるほどー、とうなずきながら読みすすめます。

 

niaunohousoku03.jpg

「まずはワードロープチェックから」

という見出しにどきっとしてしまいました。

ワードロープなんてオシャレ~なモノではありませんが、手持ちの服を見渡してみると・・・

うーーーーん、「何か」違う、かも・・・

 

niaunohousoku04.jpg

体型別のアドバイスも細かく載っています。

私はいわゆる「標準体型」よりも背が低いので、体型別アドバイスはとても役に立ちます。

 

niaunohousoku05.jpg

体型だけでなく、顔の形でも洋服(主にトップスや小物)の選び方アドバイスがありました。

トップスやボトムスなどのアイテム別アドバイスはもちろん、素材別にも着こなし方やお手入れのしかたが書いてあります。

まさに、洋服を着こなすための教科書のような1冊です。

 

◆この1冊でショップでの服の見方が変わりました

「似合うの法則」(著:政近準子)を読んでから、洋服売り場での私の見方が変わった気がします。

以前は、カラーと価格重視だったのが、

「これは定番アイテムになるのかな?」

「これは今ある手持ち服とどう組み合わせられるかな」

と吟味するようになりました。

 

まだ政近準子さんが提案する「新定番12アイテム」は揃っていませんが、この12アイテムは妥協が許されないので、日々チェックです。

 - 書籍