口コミ@横浜アラフォー主婦

神奈川県在住の主婦むつきの口コミサイトです。スキンケア、コスメ、飲食品、ファッション、雑貨などの感想を綴ります。

「人生がときめく片づけの魔法」にこの私がかかってしまうなんて

      2015/08/15

テレビ番組の「片づけ特集」でひっぱりだこだった近藤麻理恵さん、通称「こんまり」さん。

テレビで彼女を見るたびに、

片づけにときめく人間なんているもんか」と思っていたズボラ主婦の私が、まんまとこんまりさんの魔法にかかってしまいました・・・

kataduke01.jpg

すべてはこの「人生がときめく片づけの魔法」をちょこっと興味本位で読み始めたことから始まったのです。

◆人生がときめく片づけの魔法の著者は片づけオタクだと思った

「人生がときめく片づけの魔法」はある方からいただいた本の中の1冊です。

まあ、ちょこっと前に流行ったし、今読むものもないからちょっと読んでみようかな、と思ったのが間違いでした。

kataduke02.jpg

まさか、この私がこんまりさんの魔法にかかってしまうなんて!

こんまりさんこと近藤麻理恵さんはテレビでちらっと見かけたぐらい。

もともとモノが多いうえに片づけがキライなので、近藤麻理恵さんの出演場面はほとんど見ていませんでした。

不思議オーラ(私にはそう見えた)をまとっている若い女性が片づけについて力説しているなぁ、程度。

ですが、本「人生がときめく片づけの魔法」を読んで、唖然としました。

5歳で「●●奥さん」などの主婦向け情報誌を愛読?!

中学生で出会ったバイブルが「捨てる技術」(著:辰巳渚さん)。

何?この人?

頼まれてもいないのに、学校の共用部分の片づけや収納方法を毎日考えているなんて

「魔法」じゃなくて「オタク」レベルでしょ・・・

 

◆人生がときめく片づけの魔法にはモノへの愛情があふれていました

「人生がときめく片づけの魔法」を気付いたら読み進めていました。

そして、いつしか

「早く片づけたい!」と思うようになってしまったのです。

 

はやる気持ちを抑えて、「最後まで読んで正しい片づけを学んでから実践しよう」と一気に読み終えました。

近藤麻理恵さんはただの片づけオタクじゃない。

モノへの愛情が強すぎる感性の持ち主なんだ、と思いました。

普通捨てる洋服を一枚一枚たたんだりしませんよね?

でも「人生がときめく片づけの魔法」ではするんです。

それは、「今まで着させてくれてありがとう」という想いを持って、モノに感謝しながら片づけていくからです。

 

◆人生がときめく片づけの魔法を実践してみました

「人生がときめく片づけの魔法」に書いてあったとおりの順番で片づけを始めることにしました。

近藤麻理恵さんの教えでは、まず衣類から、となっています。

衣類の中でもトップス→ボトムスと順番が決まっています。

とにかく、残すことが確実な衣類も全部一ヶ所に集める、とあったのでそのとおりにしました。

kataduke04.jpg

これはまだ途中。

 

kataduke03.jpg

どんどん出てきます。

自分でもビックリするぐらいの衣類が出てきました。

 

そして「ときめく」か、「ときめかないか」を基準に選別。

選別の時間は、30分かかるか、かからないか程度で我ながらその短さの驚きました。

 

そして出てくるゴミ袋、ゴミ袋、ゴミ袋・・・

kataduke05.jpg

 

kataduke06.jpg

・・・もっとあるんですけれどね。

思わぬトップスを発掘したり、懐かしい衣類(いつのだ?)が出てきたり、一枚一枚に思い出がありました。

 

◆そしてリサイクルへ

私が住む神奈川県横浜市では、衣類も分別ゴミの対象です。

「古布」としてリサイクルされます。

横浜市とは別に分けたのが、ユニクロで買った衣類。

kataduke07.jpg

ユニクロでは、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)を通して、世界中の難民、避難民の人々へ衣類を届ける活動をしています。

そのまま衣類として送られたり、工業用繊維などにリサイクルされるそうです。

全国のユニクロ・ジーユーで回収しています。

全商品リサイクル活動 – UNIQLO ユニクロ

3回にわけて店舗へ持って行きました。

 

◆片づけはまだまだ続きます

「人生がときめく片づけの魔法」の実践は、まだまだ始まったばかりです。

近藤麻理恵さんの片づけ順番でいくと、最初の「衣類」のまだ途中。

最後の「思い出品」にたどりつくのはいつの日か・・・

でも、片づけにときめいてしまったので、「思い出品」まできっとたどり着くでしょう。

 - 書籍