口コミ@横浜アラフォー主婦

神奈川県在住の主婦むつきの口コミサイトです。スキンケア、コスメ、飲食品、ファッション、雑貨などの感想を綴ります。

コラーゲンは美のためだけのモノではなかった「コラーゲン完全バイブル」(著:真野博)

      2015/08/15

幻冬舎から出版されている「コラーゲン完全バイブル」(著:真野博)。

コラーゲン、という単語にピクッ!と反応するお年頃なので、さっそく読んでみました。

collagenbible01.jpg

帯には

若々しく元気でいたいなら、まずはコラーゲンについて知ってみては?」と女性内科医のオススメ一言が添えられています。

◆コラーゲンチェック!

「コラーゲン完全バイブル」の後ろを見ると、

collagenbible02.jpg

こんなあなたにコラーゲン!」というチェック項目がありました。

・お肌にハリがない

・シワが目立つ

・髪がパサつく

・髪の毛が細くなった

ここまでは、なんとなくそう言われればそうかも・・・とドキドキ。

やっぱり美容にはコラーゲンが必要っていう内容の本なんだな、と思いました。

 

けれどチェック項目の下のほう。

・階段の上り下りがつらい

・風呂場でしゃがめない

・ゴルフで思い切りスイングできない

・転んで骨折したことがある

は、美容と関係あるのかな?

一応、当てはまるものはないけれど。

 

◆コラーゲンは美容成分以上にすごいモノだった

「コラーゲン完全バイブル」の中はこんな感じです。

collagenbible03.jpg

文字も大きいし、重要なポイントは太文字になっています。

ほかにも、細胞や皮膚組織の説明ではポップなイラストが使われていたり、実験結果を説明するための図表も豊富でコラーゲンについてわかりやすく書かれています。

コラーゲンは美容成分としての働きしかないと思っていた私。

ですが、本書を読みすすめるうちにコラーゲンは骨や血管にも重要な働きがあることを知りました。

コラーゲンの働きを鉄筋造りのビルにたとえたり、橋にたとえたりしてくれるのでイメージがつかみやすいです。

特に、コラーゲンに含まれるコラーゲンペプチドの存在が医療分野でもクローズアップされているそうです。

生活習慣病(メタボやロコモ)とコラーゲンペプチドの関連を読んでいたら、今すぐにコラーゲンサプリを摂取したくなりました。

◆著者は食品機能学の研究者

著者の真野博さんは城西大学薬学部医療栄養学科教授を務めています。

コラーゲンを栄養の一つになりうるかもしれない、という観点から研究をした結果が、「コラーゲン完全バイブル」です。

コラーゲンの摂取に関するQ&Aが巻末に出ていますが、特定のメーカーやサプリメントを推奨しているような文言はありません。

著者曰く、「コラーゲンサプリメントの原料よりも、サプリメントの製造方法のほうを重要視してほしい」のだとか。

コラーゲンの世界はまだわかっていないことが多いみたいですが、コラーゲンペプチドについての臨床試験はさまざまな形で行われています。

将来、コラーゲンペプチドが栄養素として認められる日がくるかも。

 - 書籍